さくらVPS インストールメモ

20111212:さくらインターネットVPS使用

cat /etc/issue

CentOS release 5.7 (Final)

サーバー環境設定はhttp://akibe.com/category/web/があればだいたいOK。

特に、

などは便利でありました。

login shellを変更

LINUX事実上標準のbashは使わないので

chsh -s /bin/tcsh

tcshを長い間使い続けているのは、http://www2u.biglobe.ne.jp/~hsaka/docs/shell.html 記事(1999年)と同じかなあ。BSD系から流れてくるとこうなる人がいるみたい。

環境は

/etc/csh.*

で一挙に変えることにする(個人しか使わないサーバなので.tcshrcには依存しない)。

日本語環境

edit /etc/sysconfig/i18n

#LANG="C"
LANG="ja_JP.UTF-8"

SMTP/IMAP

http://rewse.jp/blog/p/899

relayチェックは http://www.rbl.jp/svcheck.php

ng with UTF patch

http://hidev.blog.so-net.ne.jp/2007-03-09

nginxの設定

もうapacheを使いたくないのでnginxを動作させる。

nginx最新version install

CentOS 5 なので、http://library.linode.com/web-servers/nginx/installation/centos-5

phpの動作

phpは5.3が入ってるので(php-cgi)、あとはphp-cgiをラップするspawn-fcgiをyum でインストール。

各種情報は、http://slumbers99.blogspot.com/2011/02/vpscentosnginxphp.htmlここらへんで。

他のcgiの動作

http://library.linode.com/web-servers/nginx/perl-fastcgi/centos-5

/usr/bin/fastcgi-wrapper.plと/etc/init.d/perl-fastcgiを同サイトでコピペして作るとOK。


php,cgiの作動をさせる(nginx.confの設定)。

Yiiを使っているので下記のようにする。ポートは9000

Yii本家サイトのhttp://www.yiiframework.com/doc/guide/1.1/ja/quickstart.apache-nginx-configを参照

location ~ \.php {

fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(.*)$;

#let yii catch the calls to unexising PHP files

set $fsn /$yii_bootstrap;

if (-f $document_root$fastcgi_script_name){

set $fsn $fastcgi_script_name;

}

fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;

fastcgi_index index.php;

include fastcgi_params;

fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fsn;

fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;

fastcgi_param PATH_TRANSLATED $document_root$fsn;

}

Perlのcgiを動作。ポートは8999

上記のhttp://library.linode.com/web-servers/nginx/perl-fastcgi/centos-5にて。

location ~ \.cgi$ {

fastcgi_pass 127.0.0.1:8999;

include /etc/nginx/fastcgi_params;

fastcgi_param SCRIPT_FILENAME cgiスクリプトのパス$fastcgi_script_name;

}

起動時chkconfig

nginx,php-fastcgi,perl-fastcgiの3つが動作するように

chkconfig --add nginx

chkconfig nginx on

..以下略

iTermのkeep alive

某所からのloginはsshセッションがよく切れる。

iTermをつかっている場合は、

http://zeo.unic.net.my/iterm-keep-alive/

従って、When idle,sends ASCII codeに値を設定する。


gitの設定

/var/git/radio-age.gitを共有リポジトリにする

このへんを参照->http://akibe.com/centos-setup-12-git/

サーバ側gitリポジトリにローカルから当該のものをaddするためのスクリプト

cd /var/www/radio-age;git add .;git status | grep deleted: | gawk '{print $3}' | xargs git rm;git commit -m "update" ;git push

gitリポジトリ側のhooks/post-update

これでaddしたら公開ディレクトリもアップデートしてくれる

#!/bin/sh
#
# An example hook script to prepare a packed repository for use over
# dumb transports.
#
# To enable this hook, rename this file to "post-update".

#exec git update-server-info
(
cd 公開ディレクトリ
GIT_DIR=公開ディレクトリ/.git git reset --hard
GIT_DIR=公開ディレクトリ/.git git pull
)

this file --> last modified:2012-03-31 13:57:57