TeXメモ

UTF-8による多言語文字変換プリプロセッサ

Utf82TeX

http://yasuda.homeip.net/tex/utf82tex.html

OTF Unicodeコード

たとえば\UTF{}でのコード指定。

チェックは、http://www.cojak.org/

學=http://www.cojak.org/index.php?function=code_lookup&term=5B78

敎=http://www.cojak.org/index.php?function=code_lookup&term=654E

面付け

mentukeオプション

\documentclass[a5j,10pt,tombow,mentuke,twoside]{jsbook}


dvipdfmxでのフォント埋め込み

とかいろいろ探したが

macwiki情報 これが決定版のようだ。現在のtexliveは2011なので2011に変更してやると上手くいった(*1)。

同wikiによれば、

TeX Live 2011 からは、 pTeX + e-pTeX も収録。upTeX は未収録。

MacTeX/TeXLive 2011 の最新版では、最初からOTF/UTFパッケージなどを含んでおり、updmap(-sys)のkanjiMap拡張も行われている。ヒラギノ・フォントを使用する場合は、フォントのシンボリックリンクを作り、マップファイル作りが必要。

とのことである。

コンパイルディレクトリにhiragino.mapを作り dvipdfmx -f hiragino.map とするのが簡便。

%% Hiragino
%%
omrml   UniJIS-UCS2-H   HiraMinPro-W3
omgbm   UniJIS-UCS2-H   HiraKakuPro-W6
%
rml         H   HiraMinPro-W3
gbm         H   HiraKakuPro-W6
rmlv        V   HiraMinPro-W3
gbmv        V   HiraKakuPro-W6
%
ryumin-l    H   HiraMinPro-W3.otf
ryumin-l-v  V   HiraMinPro-W3.otf
gtbbb-m     H   HiraKakuPro-W3.otf
gtbbb-m-v   V   HiraKakuPro-W3.otf
futomin-b   H   HiraMinPro-W6.otf
futomin-b-v V   HiraMinPro-W6.otf
futogo-b    H   HiraKakuPro-W6.otf
futogo-b-v  V   HiraKakuPro-W6.otf
jun101-l    H   HiraMaruPro-W4.otf
jun101-l-v  V   HiraMaruPro-W4.otf

fonts

MigMix:http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/download.html#migmix1p for GOTHIC 標準のゴチックはこれじゃだめだろうか(*2)

http://astr.phys.saga-u.ac.jp/~funakubo/research/recipe/Jfont-embed.htmなどを参考にしてマップファイルを作ってみるのが吉。

あとはこのPDF--->TEX から PDF を作成する方法と フォントを埋め込む方法-ユニバース印刷:2005-2006

この「埋め込む方法」によれば

普通 rml に明朝系横組用フォント、rmlv に明朝系縦組用フォント、gbm に ゴシック系横組用フォント、gbmv にゴシック系縦組用フォントを指定しますが、どのよ うなフォントを指定するかは自由です。

ということらしい。

*1: シンプルには奥村先生のteTeXに関する情報http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun4/

*2: 「無償フォント」各種http://note.openvista.jp/2007/japanese-fonts-for-free-commercial-use/

this file --> last modified:2012-03-31 13:57:52