AFRS関係覚書

メンテンス情報

(1)2012年12月中旬から2013年1月中旬にかけて、radio-age.comの設定、サーバ機器の全体変更のため各種ページの公開を中断することがあります。

(2)2015年4月中旬からGWあけまでDB修正のために各種ページの公開を中断することがあります。

「AFRTSの50年」の内容紹介

History of AFRTS, the first 50 years.

[Alexandria, Va.?] : American Forces Information Service and Armed Forces Radio and Television Service, [1993?]

Description: v, 126 p. ; 26 cm.

の紹介

Jordan Racoe,A Brief History of the FEN,1961

翻訳と解題

本試訳は(*1)、

http://jg3.com/fen/history.shtml

に掲載されているJordan Roscoe氏が残したメモの試訳である。

jg3.comは音響エンジニアで現在イリノイ大学で教鞭をとっているDr Jim Grubbsが主催するサイトで、AFRSやFENについての貴重な情報提供をしている。

同氏によればJordan RacoeメモはFENの制作責任者を長きにわたってつとめたJohn Bueyの親族(子息)から得た同メモのハードコピーを文字化したものである(*2)。

記載内容は、FENの歴史を知るに貴重なものであって、たとえば1993年に発刊されたAFRSの公式年史『AFRTSの50年』のFEN関係記述はこのRacoeメモに多くを負っている。

本文にあるようにFENの編成に関する部内会議用に作成されたものであり、脚注などは付されていない。いくつかの記述部分については本文中に参照先が記されているが、「研究」文献として作成されたものではないため、大本の情報のチェックが困難な体裁をとっている。しかし同時代人当事者の記録としてとても貴重なものであることにかわりはない。

FENは現在AFNに統合されているが、AFNの前身のAFRSまたAFRTSについては各国・各地域の活動についてメディア研究者や放送研究者による調査報告がある。

AFRSに関してはTheodore Stuart DeLayが1951年に南カリフォルニア大学に提出したPh.D、An Historical Study of the Armed Forces Radio Service to 1946がその研究の嚆矢をなす。同論文は多くの同時代の写真を含む貴重な資料であるが表題にあるように戦争直後で記述が終わっている。戦後のAFRS/AFRTSの活動実態に関して言えば冷戦期のそれは低迷しているものの(ただし米議会報告などのレポートが公開されているのでその実態概要を知るにはそれほど敷居は高くない)、特に冷戦崩壊後にいくつか貴重な研究の進展があったように思われる。

特にBBSを本拠地にしていたイギリスのAFRSについてはPatrick Morleyの研究、This Is the American Forces Network: The Anglo-American Battle of the Air Waves in World War II. Westport, Conn., Praeger, 2001に代表されるような研究書を読むことが出来、他のヨーロッパ諸国についても、Steve Craig,American Broadcasting Invades Europe: AFNE's First 25 Years: 1943-1968,A paper presented at the Broadcast Education Association Meeting, Las Vegas April, 2008をはじめとして各種報告がつみかさねられている。

これにたいして日本の場合は、川崎隆章氏が主宰しているインターネット情報サイト Radiofly放送博物誌 http://radiofly.to/wiki/?FrontPage に貴重な記録がいくつも掲載されているが、それを除けばまとまった調査・報告はない(*3)。

もちろんNARA(米国立公文書館)を使えば原資料からかなりの実態を復元できることは確かだが、そのためにもガイドラインになるような二次資料の存在はあったほうがいい。

このRacoeメモは同時代資料でありかつガイドライン的な二次資料でもあるということで、

同メモはまずは一読すべきFENにかんするアクセス容易な基礎資料となりえると考えるのである。


試訳:

HTML版が常に最新版になります。できるだけHTML版で御覧ください。

大きな改訂した場合は、過去アーカイブを作成し、旧版も参照できるようにする予定です。

沖縄FEN ガイド(1962)の翻訳と紹介

(現在作成中、少しお待ちください)



吉井明

(本頁作成開始:2012年8月4日)

*1: 2012年8月版,後に一部訂正2014年12月

*2: 同氏の筆者宛てメールによる情報(2010年10月)。

*3: ただし、米軍ではなく英国の駐留軍についての千田武志氏の詳細な研究『英連邦軍の日本進駐と展開』(御茶の水書房、1997)で英連邦軍放送の実態がかなり明らかにされている

this file --> last modified:2015-05-02 07:05:48